最新の関連ページ一覧

子どもたちの教育に携わる者として

現代では、いじめや学力不振、発達障害などが原因で、不登校となっている子どもたちが多いです。
学校に通えなくなってしまった子どもたちの居場所をしっかりと確保することが大切です。
家庭ではなく、社会とのつながりを持つことができる教育機関という意味です。
そのため、フリースクールは重要な役割を果たしています。
現在、子どもたちの不登校支援をしているのですが、なかなかフリースクールなどの専門機関を利用してくれる子どもたちは少ないです。
まだ、しっかりと認識されていないことも事実です。
学校だけが教育の場ではありません。
自分に合った教育の場をしっかりと選ぶことが大切です。
フリースクールであっても、友達をつくったり、スタッフと話をしたり、勉強をすることができます。
集団行動をする機会もたくさんあります。
毎日のようにスタッフ会議では、子どもたちが社会に出た時に、困らないような教育の在り方を検討しています。
不登校で悩んでいるご家庭の方には、学校以外の居場所を利用することを検討してもらいたいです。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 教育 . All Rights Reserved.